スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今後MBCのドラマはどうなるのか?
MBCの取材記者149人のうち139人が、報道本部長と局長の辞任を要求して1月25日から制作拒否に入りました。MBC労組も1月30日からキム・ジェチョル社長の退陣要求を出してゼネストに入りました。今までドラマには大きな影響が出てませんでしたが、今後はどうなるか分かりません。

これまでドラマPDは直接ストには参加してませんでしたが、2月27日にドラマPD一同として声明文を出しました。その中でストに参加しなかった理由も書いています。声明文によると、もしストに参加してドラマの制作が中断すると、ストが終了しても制作を再開するのは事実上不可能だからだという理由でした。そのため放送中のドラマに関しては、最後まで継続させることを優先したそうです。


MBCのキム・ジェチョル社長は政権寄りの偏向報道を強いただけではなく、それ以外にも怒りが込み上げるようなことをしています。

今MBCで放送している水木ドラマ『太陽を抱いた月』は視聴率40%を超える超人気ドラマです。この高視聴率をキム社長は自分の功績であり、経営手腕だと言ってますが、これは真っ赤な嘘です!!

実はキム社長がドラマに関して余計なことをして視聴率が下がってます。MBCのドラマ局を1局と2局に分裂させて、それまでドラマ局が担当してた水木ミニシリーズ(いわゆる水木ドラマ)を編成局に割り当てました。そしてできたのが視聴率1桁ドラマ『オレのこと好きでしょ』、『負けてたまるか』、『私も、花!』でした。あまりの不評で水木ミニシリーズを編成局からドラマ1局に戻し、そこで作られたのが現在の高視聴率ドラマ『太陽を抱いた月』です。それなのに今回の高視聴率がキム社長の功績だと!? ドラマ関係者の気持ち解りますか?

MBC労組はゼネスト初日の1月30日の朝、MBCの玄関前でキム社長の出社阻止を行ないました。その翌日の1月31日から2月23日まで、キム社長は一度も会社には顔を見せず、ずっと身を隠していました。このときキム社長は法人カードでソウル市内の高級ホテルに滞在していました。実は法人カード不正使用は過去にもあったようです。

労組が公開した内容によると、キム社長と秘書が法人カードを不正使用したとされる額は7億ウォン(日本円で約5,130万円)以上で、用途はほとんど特級ホテル、高級バッグ店、免税店などだそうです。また、週末や祝日には夫人とホテルのレストランで法人カードを使用してたようです。


韓流ファンにとって気になるドラマですが、とりあえず今放送中のドラマは、なんとか最後まで放送できるように務めるそうです。但しドラマの品質確保に関しては難しい面もあるようです。

ドラマ制作には監督(PD)や脚本、俳優だけではなく、多くの人が関わっています。今放送している『太陽を抱いた月』はスト前に放送を開始し、途中からストに入りました。これによって思うように作業できなかったり、スタッフが途中から代替要員に交代するなどありました。残りの放送は7日(水)と8日(木)の2回で、どうにか撮影と制作を継続し、欠放なしで大丈夫だろうとのことです。演出を担当したキム・ドフンPDも、2月27日の声明文に名前を出しています。

そして気になるのは今後の動きです。実は週明けからドラマPDもストに参加するという情報があります。

3月14日(水)からハ・ジウォン主演の水木ドラマ『ザ・キング ツーハーツ』が予定されています。このドラマはイ・ジェギュ、チョン・デユンの二人が演出を担当しますが、チョン・デユンは声明文に名前を出しています。ドラマのティーザー映像を見ましたが、一人で全て演出するのは大変そうな感じがしました。もしチョン・デユンがストに参加したら、このドラマの制作はどうなるのでしょう。今ハ・ジウォンは『シークレット・ガーデン』のプロモーションで来日中ですが、ファンにとっては帰国後の動きが気になるところです。
[広告] VPS


MBCはストで不足した人材を補うため、何度も契約社員の募集を出しています。ニュースアンカーはMBCの顔ともいえる存在ですが、今度はフリーランスのニュースアンカー(男・女)まで募集を出しています。これはかなりの長期戦になることを意味します。

以下は2月27日にドラマPDが出した声明文の全文です。錚々たるメンバーが名を連ねています。



MBCドラマ!決してストライキ無風地帯ではない!

ストライキが4週を超えて長期化している。これまで無対応で一貫してきたキム·ジェチョル社長は24日、社内放送を通じて労組とスト参加者に対する断固たる対処を宣言した。これはMBCの未来のために合理的に問題を解決する意志がないことを明らかにしたものであり、公正放送を勝ち取るためのストライキの炎はさらに激しくなるだろう。

キム·ジェチョル社長と経営陣は去る23日、日刊紙の1面広告を使用して、ストライキにもかかわらず『太陽を抱いた月』や『光と影』などのドラマ視聴率が高く出たことに対して、視聴者に重ねて感謝している。ドラマのメンバーは、現在ストライキ中にも放映中のドラマが、MBCの公正性を取り戻すストライキのパワーを低下させるためのペテンに使用されている現実に、怒りと同様、深い責任感を感じる。

ドラマはプログラムの特性上ストライキで制作が中断されると、今後ストライキが終了して、復帰してからプログラムを再開することが事実上不可能である。つまり、現在放映中のドラマ制作陣がストライキに参加すると、そのプログラムはストライキ期間だけではなく、恒久的に放送が中断される事態となる。このためドラマのプログラム全体を担当している企画、演出者としては当然、現在放送されているプログラムの終了を優先せざるをえない。
問題は、これらの業務の特殊性を悪用して、まるでドラマのメンバーが今回のストライキの大義名分を否定してるように見せかけ、ストライキに参加している勢力を罵倒しようとすることである。

これ、はっきり言います。
ドラマのメンバーは、MBCの公正性を取り戻し、今後は過去数年間のような愚を犯さないようにするための今回のストライキの正当性に共感し、積極的に支持し、参加する。これ以上ドラマの特殊性を悪用して、ドラマのメンバーの本心を誤魔化してはいけない。

また、キム・ジェチョル社長と経営陣に要求する。
MBCの公営性失墜と混乱の全ての責任を取って決断して下さい。
これ以上遅滞してMBCを、MBCの未来を、MBCの人々を史上最悪の破局に向かわせることは、キム·ジェチョル社長がそのように追求した真の"男"の道ではない。

それにもかかわらず、キム·ジェチョル社長と経営陣が相変らず責任を回避して、MBC構成員たちの本心を不法ストライキが日常の労組とし、政治権力に振り回される愚昧な愚かさで運営していくなら、忍耐と理性で自制していたドラマのメンバー全員決断に出ることだろう。

MBC公営性回復を要求するドラマPD一同
カン・デソン、カン・イン、コ・ドンソン、クォン・ソクジャン、クォン・ソンチャン、キム・ギョンヒ、キム・グンホン、キム・ナムウォン、キム・デジン、キム・ドフン、キム・ミンシク、キム・サンヒョプ、キム・サンホ、キム・ソンウク、キム・スンモ、キム・ジヒョン、キム・ジミン キム・ホヨン、パク・サンフン、パク・ソンス、パク・スンウ、パク・ウォングク、パク・ホンギュン、ソン・ヒョンソク、シン・ヒョンチャン、ヨ・インジュン、オ・ヒョンジョン、オ・ヒョンチャン、ユ・ヒョンサン、ユ・ヒョンジョン、ユン・ジェムン、イ・ドンユン、イ・サンヨプ、イ・ソンジュン、イ・ウンギュ、イ・ジェドン、イ・ジェジン、イム・チャン、イム・テウ、チャン・ジュノ、チョン・デユン、チョン・ウニョン、チョン・ジイン、チュ・ソンウ、チン・チャンギュ、チェ・ウォンソク、チェ・チョンギュ、チェ・ジュンベ、ヒョン・ソリプ(職務者除く全51名中49名)

2012年2月27日



姉妹サイトも宜しくお願いします
キム・テヒQVGA画像
ハ・ジウォンQVGA画像
携帯待受画像サイトです^^


ランキングに参加しています
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村


テーマ : 韓国女優
ジャンル : アイドル・芸能

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ちゃわ

Author:ちゃわ
幅広く沢山の韓国女優の記事を出していきます。

最新記事
最新コメント
ランキングに参加しています
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました



カテゴリ
姉妹サイト
テヒファンのひとりごと
テヒファンのひとりごと

ちゃわが運営するキム・テヒ専門のサイトです。キム・テヒに関する話題はこちらにアップしています。

テヒファンのひとりごと
http://chawa.jp/kth/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。