スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はコ・ウンミの誕生日^^
KBS『第7曜日』より
コ・ウンミ
コ・ウンミ

コ・ウンミ
1976年7月7日生まれ

今日はコ・ウンミの誕生日。お誕生日おめでとう(^^)/

コ・ウンミは2009年SBS週末ドラマ『千万回愛してる』や、2010年SBS月火ドラマ『私は伝説だ』などに出演しています。『千万回愛してる』は今ホームドラマチャンネルで放送してるので、スカパーやケーブルテレビで見ている方もいらっしゃると思います。

今韓国では毎週日曜日にKBSドラマスペシャル(全24エピソード予定)を放送していて、7月3日(日)の第5エピソード『第7曜日』に出演しました。今回出してる画像はそのときのキャプチャ画像です。

KBSドラマスペシャル
KBS2 日曜日23:15~24:25
2011/06/05スタート
全24エピソード予定

今回放送された『第7曜日』は、病院内で奇妙な事件が起きて、コ・ウンミ演ずる看護師ヨニがその真犯人を追っていくというストーリーです。途中まで見ると真犯人が気になって、絶対に最後まで見ないと消化不良になりそうなドラマでした。やっぱりちゃわも真犯人が気になって最後まで見ました。

KBS『第7曜日』より
コ・ウンミ
コ・ウンミ

ちょ・・・えっ? ナニ?

なんだかよく解らない、逆に消化不良を起こすラストシーンでした。ドラマの結末が気になって韓国のブログとか見ましたが、やはり韓国でも消化不良の人がいたようです。高度に発達した物質文明の中で大人になり、精神面での大切な物を忘れている現代女性に対するメッセージが込められているんじゃないか?そんな意見がありました。確かにちゃわもそんな印象です。それにしても消化不良…。

でも、コ・ウンミが主役だったので、ほとんど最初から最後まで素敵なコ・ウンミを楽しむことができました。相手役の男性に対してコ・ウンミは現在の恋人役、そして過去の恋人を演じたのはキム・ヘジンでした。

KBS『第7曜日』より
キム・ヘジン
キム・ヘジン

コ・ウンミといえば世間でも悪女というイメージがありますが、今回のドラマをきっかけにして、今後は幅広い役に挑戦していきたいとのことです。


姉妹サイトも宜しくお願いします
キム・テヒQVGA画像
韓国女優キム・テヒの画像を毎日QVGA形式(横240ドット×縦320ドット)でお送りしています。携帯電話で毎日キム・テヒの画像を見たい方はどうぞ!
ハ・ジウォンやチェ・ジウのコーナーもあるよ!

ランキングに参加しています
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村


テーマ : 韓国女優
ジャンル : アイドル・芸能

Secret
(非公開コメント受付中)

お誕生日おめでとう(^-^)/
コ・ウンミさんも綺麗な方ですねぇ(*^^*)悪役が多いとのことですが、笑顔もきっと可愛いと思います。ちょっと、去年のコ・ウンミさんも見てきます!ドラマのラストは消化不良だったんですね(T_T)それはなんだかモヤモヤして嫌だと思います。そして、キム・ヘジンさんも出てる~(^-^)/可愛い。深刻な感じのドラマだとお見受けしましたが、笑顔が癒されますね!
第7曜日
そんなに深刻なドラマでもない。と言っていいのかな?
単に犯人は誰?という感じの犯人探しのドラマでした。犯人は判ったんですが、なんか終わり方がモヤモヤしてます。コ・ウンミの写真は、去年の記事の方が綺麗ですよ。
見ました!
サスペンスドラマの結末が納得できなくて、モヤモヤする感じでしょうか。よく二時間サスペンス見てたんですけれど(^_^;)コ・ウンミさんの去年の記事を見てきました!やっぱり笑顔も可愛いかったです(*^^*)スタイルも良いですね!!ちゃわさんオススメの画像が私も可愛いと思いました(^-^)v
スタイルもいいですよ
コ・ウンミは今日で満35才(韓国だと数えで36才)ですが、20代に負けない若さがあります。これはキム・ヘジンも同じです。二人ともスタイルはいいですよ。
コ・ウンミは女性に人気があるみたいです。
努力
韓国の俳優さん、本当に努力してます!日本では若い人が人気ありますが、韓国は三十代越えても綺麗で人気ある人が多い(^^ゞコ・ウンミさんもとても若くて綺麗です。キム・ヘジンさんもスタイルいいんですよね~!ちゃわさんのサイトのキム・ヘジンコーナーを見ても思いました(*^^*)
最新情報ありがとうございます。
ちゃわさん
さっそく訪問させていただきました。これからコウンミさんを一緒に応援させていただけたら幸いです。よろしくお願いします。
新しいドラマの話が聞けて嬉しいです。写真2枚とも綺麗で、髪をアップにした彼女もステキですよね。
日本ではこのドラマを見る機会はないかな?結末が消化不良とのことで気になりますが、大好きなコウンミさんがヒロインならなんでもOK!これから役の幅を広げていかれるのがとても楽しみですね。
誕生日のイベントは行われたのでしょうか。ファンミーティングなど行かれてことはありますか。韓国の方を応援するのは初心者なもので、アドバイスいただけたら大変嬉しいです。
キム・ヘジン
>ふうたさん

キム・ヘジンは先日出したスター画報でも魅力的な写真が多かったです。30代半ばですが、とてもスタイルがいいです。キム・ヘジンは見た目にも若いし、笑うと目が可愛い癒し系の女優さんです。キム・ヘジンが女優になったのは28才のときだから、若いときの作品って何もないですけどね。
yukachoさんへ
ようこそいらっしゃいました。KBSドラマスペシャルの話題が気になったんですね!

昨年のKBSドラマスペシャルも、日本では昨年から今年にかけてKBS Worldで放送しています。今回コ・ウンミが出演したのはエピソード5なので、多分今年の11月くらいにスカパーやケーブルテレビで見れると思います。

もし字幕も吹替えも何もなしで、7月3日(日)に韓国で放送されたのをそのままで良ければ、動画ファイルを差し上げます。yukachoさんのパソコンでAVI形式の動画は見れるでしょうか?2分くらい抜き出してテスト用動画を用意しました。以下のリンクからダウンロードして試してみて下さい。もし見れるようでしたら全体をアップロードします。
http://chawa.jp/files/the7thday_goeunmi.zip
動画はZIP形式で圧縮してるので、ダウンロードしてから解凍して下さい。

例のブログでもコメントに書きましたが、私はカフェに会員登録してないので、イベントに関しては分かりません。
私の応援方法は・・・心の中で応援してるだけです(爆)
動画見れました!
ちゃわさん
いろいろご親切に情報、コメントに加えて最新ドラマの動画を送ってくださりありがとうございます。幸い画像が見れました!直近のコウンミさんが見れて嬉しかったです。私は韓国語がわかりませんが、ところどころ聞き覚えのある単語が聞き取れると、推測ですがカフェにいた彼女はただの友達と話していたのかな?彼女の演技が見たいので、大変お手数ですが全体を送っていただけますでしょうか。本当にありがとうございます。
ちゃわさんは、韓国語が堪能なのでしょうね。うらやましいです。
コメントにあったカフェにアクセスしたのですが、言葉の壁にぶつかってしまいました。英語、ましてや日本語には対応していないですよね。会員になれたとしても翻訳機を駆使しても内容理解は難しいかな。なにか手立てはありますでしょうか。甘えてすみません。
心の中で応援していること・・・ステキだと思います。
これまで数回、翻訳機をとおした韓国語でファンレターを送りました。私なりの応援方法を続けてみたいと思います。いつかご本人に会える日を夢見て。
第7曜日の動画
yukachoさん

コメント欄で返信するには少し長くなるので、さきほどメールを送らせて頂きました。
カフェのメッセージ閲覧についてはメールでも書きましたが、実名での会員登録が必要です。日本人の私は韓国の住民登録番号がないので一般会員の登録ができず、読むことは無理なようです。
動画ファイルについてはメールをご覧下さい。
これからも宜しくお願いします。
ありがとうございます。
ちゃわさん
早速にカフェ情報、動画ファイルを送っていただきまして有難うございました。会員登録のことはあきらめます。ドラマを拝見するの楽しみです。これからダウンロード頑張ります。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
動画
yukachoさん

動画はうまくダウンロードできたでしょうか?
今回の『第7曜日』は悪女とは正反対の役でした。最後は意味深な含みを持たせた終わり方ですが、ウンミファンにとっては素敵な1時間を楽しめる作品だと思います。
充実の1時間でした。
ちゃわさん
お気づかい有難うございます。
ダウンロードも上手くいきまして、早速拝見しました。コウンミさんをあんなにたくさん見れたのは初めてでしたので、すごくハッピーになりました。
たしかに終わり方があれって感じでしたね。まだあの先があるような・・・
本当動画送っていただき有難うございました。
良かったです(^^)
無事ダウンロードできたようで良かったです。今回のドラマは登場人物も少なく、コ・ウンミはその中でのヒロインでしたから、ほとんど最初から最後まで出てましたね。

私もエンディングがちょっと気になります。もしかすると、シンデレラのポスターを見てた子供のような純粋な気持ちを忘れないようにというメッセージだったのでしょうか。今回のドラマは1972年生まれの女性作家チョン・イヒョンの短編小説「匿名のあなたに」をベースに作られました。

韓国では既にドラマの中で着用した衣装が話題になってます。真っ赤なワンピースはYettsの製品です。あと、少女と一緒にポスターを眺めたとき穿いてたパンツはマリカジーンズの製品です。
衣装も話題に!
ちゃわさん
有難うございます。ドラマのメッセージ、私もちゃわさんの意見に同感です。少女と出会って、我に返るような表情だったかな?ドラマのタイトル「第7曜日」ここに意味はあるのでしょうか。ベースの小説「匿名のあなたに」、タイトルから読みたいと思わせるような雰囲気がありますね。

衣装も話題になっているとか、楽しい情報有難うございます。たしかに赤いワンピースかわいいなと思いました。ブルーの衣装も良かったな。女優さんを参考にする女性は多いですよね。韓国では芸能人の空港ファッション、プライベートのスタイルを真似する方が多くいるとテレビで見ました。
第7曜日のラストシーン
私も最後のシーンを今見たところです。文房具店にかかってたポスターを見て自然と笑みが湧いてきて、少女に笑顔を見せてましたね。
http://blog-imgs-46.fc2.com/c/h/a/chawa329/the7thday_last.jpg

韓国はキリスト教の盛んな国なので、タイトルの『第7曜日』は旧約聖書の創世記を暗示してると思います。必要なことをやり終えてから、神がお休みになられた安息の日。ヨニにとっては、病院内で起きた医療過誤事件の匿名告発に対する返信の手紙「匿名のあなたに」をポストに投函し、必要なことを全てやり終えたという意味だと思います。

------- ☆ -------
まだこのレスを読む前かな?少し追記しておきます。

ヨニは2回手紙を出しています。

まず最初はワープロで宛名を入力するとき、一度消して入力し直したときです。修正前の宛名が「尊敬する先生へ」で、修正後が「匿名のあなたに」でした。

そして手紙を見た人からファックスが送られてきて、それを見てもう一度手紙を作成します。その2度目の手紙を出すのが文房具店の前で投函するシーンでした。ですから最後に出した手紙の宛名はドラマからは分かりませんでした。

自宅へファックスが届くということは、その番号から手紙の送り主が誰なのか分かりそうに思えますが、もしかして自宅の番号を知られないようにするファックスの転送サービスでしょうか。文房具店の看板には「代理 文房具」と書かれていました。
すごい!!!
ちゃわさん
詳細に解説いただき有難うございます。本当によくわかりました。ラストシーンの彼女の微笑みこそ、ドラマタイトル「第7曜日」だったんですね。そして手紙の謎、というか意味するところ、よくわからなかったんですが、これでスッキリ!消化不良のわけは、別途頂きましたのご説明でよくわかりました。はじめはストレートなサスペンスものかと思っていましたが、以外と奥が深いんだなと思い返しました。このことを踏まえてまたドラマ見てみます。有難うございました。
第7曜日
今回のチョン・イヒョン原作「匿名のあなたに」をドラマ化した『第7曜日』は、調べれば調べるほど奥が深いと思いました。最初は何か消化不良でモヤモヤしてましたが、作家のこと、短編小説のことを調べてみて、かなり気持ちもスッキリしました。
1度見て飽きるような作品ではないので、私もこれから何度も見ると思います。
タイトルに技あり。
ちゃわさんのおかげです。
せっかくコ・ウンミさんがヒロインを演じるドラマというのに、はじめはあまり好印象を持てなかったのです。それが徐々に内容が明らかになるにつにつれて、満足度が増してきています。本当にありがとうございます。
ドラマチックなタイトルも意味がわかると、よりインパクトがあり、印象深いものになりました。
彼女は新しい王子様探し、次のシンデレラストリーを求めて、看護師の仕事に戻っていったのでしょう。今はこんな思いにかられています。


チョン・イヒョン奥が深い
あくまでも王子様はサンヒョンだと思います。でも、ユラ(キム・ヘジン)が単なる元恋人とかじゃないようで、ちょっとその辺は気になりますが。
韓国の小説は心理描写が繊細だと言われます。今回のチョン・イヒョンもそういう作家だと思います。もう随分前に亡くなりましたが、私はふと有吉佐和子を思い出しました。二人とも心理描写の繊細な女性作家で、何か共通する点があるような気がしす。

今夜の深夜1時から韓国のケーブルチャンネルでコ・ウンミさん出るのかな?気になります。
おススメの小説を紹介ください。
ちゃわさん
ご指摘有難うございます。あくまでも王子様は彼なのですね。国語力というか読解力が弱いのでお手数をおかけします。
有吉佐和子さん、名前は存じていますが一度も彼女の作品を読んだことがありません。ぜひこの機会に読んでみたいです。よろしかったらおススメの小説をご紹介いただけますか。
有吉佐和子
有吉佐和子はいろんなジャンルの小説を書いてるので、なかなか1つに絞れないのが辛いところです。

古典芸能がお好きなら「一の糸」や「香華」、女の一生を描いた作品なら「紀ノ川」、社会問題を取り上げた作品なら「非色」や「私は忘れない」など、作品のジャンルは幅が広いです。ストーリーテラーとしての有吉佐和子を楽しみたければ「青い壺」、ミステリーがお好きなら「開幕ベルは華やかに」がお薦め。実在の人物を題材にした「華岡青洲の妻」も有名な作品です。有吉佐和子の小説は物語の構成が上手いので、これまでの沢山の作品が映画やドラマになっています。

有吉佐和子は口語調の読みやすい作品から、読解力の必要な深い味わいのある作品までいろいろ書いています。ちなみに私が最初に読んだのは「私は忘れない」です。空港の売店で買って、飛行機の中で読んでで完全にハマりました。
有難うございました。
ちゃわさん
早速に有吉佐和子さんの作品紹介を有難うございます。コメントを参考にして是非1冊挑戦したいと思います。
本来のコ・ウンミさん話からだいぶそれてしまい申し訳ありませんでした。
「第7曜日」また見てみようと。
有吉文学
有吉文学の真髄となれば「香華」や「紀ノ川」だと思いますが、いきなりだと読んでてしんどくなります。まず最初はストーリーの楽しめる「青い壺」や「開幕ベルは華やかに」がいいと思います。
決めました。
アドバイス有難うございます。
有吉文学、青葉マークはタイトルにインパクトのある、「開幕ベルは華やかに」を1冊目にしてみます。
開幕ベルは華やかに
yukachoさん

それはいいかも知れません!
「開幕ベルは華やかに」は現代的な読みやすい文体で、物語もなかなか面白い作品です。1983年にテレビ朝日で、2002年にテレビ東京でドラマ化されています。
「青い壺」に変更です。
ちゃわさん
今日「青い壺」を購入しました。幻の名作、復刊!、文春文庫からの最新版です。グッドタイミングでした。残念ながら「開幕ベルは華やかに」は絶版のようです。まずは1冊読んで有吉ワールドに浸ってみます。
あらら!
yukachoさん
絶版でしたか。有吉佐和子の作品は古いですから、そういうのもあるでしょうね。
「青い壺」は毎回いろんなエピソードが出てくる連続ドラマのようで面白いです。ストーリーテラー有吉の小気味いい展開が楽しめます^^
本当に面白いですね。
ちゃわさん
こんばんは。「青い壺」を読み始めました。次々と壺を介してのドラマが進んでいき、楽しいですね。時代が少し古いですが、今でも通じるところもあり先を急いでしまいそうです。有吉さんの没後、作品の人気は衰えてしまったと書いてありました。向田邦子さんの作品がNHKで放送されるようです。良き作品はリメイクしてもらいたいものですね。
それは良かったです!
yukachoさん
有吉佐和子以外では林芙美子とか読みましたが、日本の女流作家で一番自分に合ってるのは有吉佐和子でした。今回の「青い壷」はストーリーの流れが面白い作品です。
まさかコメント欄の一言からyukachoさんが本当に読むとは考えてなかったのでビックリしています^^
興味がありましたので。
ちゃわさん
びっくり!させてしまったんですね。
本も人と同じで出会いかなと思って。
毎日大量の本が出版され、電子書籍も含めたらすごいですよね。
短い一生のうち読める本、出会う本といったらどれくらいでしょうか。
ベストセラーだから読む、偶然本屋で装丁が気に入って読む、今回のように紹介をきっかけに読む・・・こういう縁を大切にしたいです。
そうですよね
yukachoさん
私が有吉佐和子の小説を読み始めたのも本当に偶然のことでした。
羽田発札幌行きの最終便に乗るとき、空港の売店で何気なく手にしたのが有吉佐和子の「私は忘れない」でした。飛行機に乗ってる間の退屈しのぎと思って買った本が、その後何冊も読み漁る結果に・・・。
有吉佐和子で一番好きな小説は「紀ノ川」かな。
ラストがいいですね。
「青い壺」一気に読んでしまいました。大変面白かったです。最後に巡り巡って作者の前に壺が現れ、ドラマチックですね。It's a small world!
壺がこんなに様々なストーリーを生むかと思うと。自分をとりまく人、品物・・・すべて引き合わされて存在しているんですよね。この本を読み終えて神妙な心持になりました。
早いですね!!
yukachoさん
「青い壺」はストーリーの流れが面白いので私も一気に読んだはずです。一番最後の部分、まさかあんな展開になるとはね!
有吉佐和子の小説は平易な文体から深い味わいのある作品まで幅が広いです。有吉作品の真髄とも言える「香華」などは読むのが大変なので、私も最初はしばらく簡単な小説で慣らしてから、徐々に難しい作品へと進んでいきました。
なんだか久し振りに有吉作品を読みたくなりました^^
初心者向けですね。
ちゃわさん
珍しく早く読めちゃいました(笑)。コメントで頂いた他の作品も興味ありますが、もう少し時間をかけて、「青い壺」読み返してみようと思います。ちゃわさんも私に紹介していたら、有吉佐和子熱が復活してしまいそうなんですね。
読書・・・してないなぁ(^^;
yukachoさん
本を読むのって、いくら時間的余裕があっても、精神的に余裕がないとダメですね。いろいろ思い出して読みたくなったのですが、今月は突然母が入院したりで、精神的に少しバタバタしてました。またいつか読みたいと思ってます。
「青い壺」はストーリーを知ってから読み返しても面白いと思います^^
まったく同感です。
ちゃわさん
お母様が入院されたとのこと、大変です。お加減はいかがでしょうか。ご心配ですね。早く良くなられますこと心より祈念しております。

読書の話はお気持ちよくわかります。私事ですが、肉親を亡くしてこの6年あまり、本の存在すら忘れてしまう日々、そして家事仕事の忙殺の日々。誰しもこのような経験、時期をお持ちかと思います。今年に入ようやく読書をする時間が持てたことに幸せを感じております。
ありがとうございます
yukachoさん
母は施設に入ってますが、血中酸素飽和度の低下と高熱で入院しました。軽い肺炎でした。最初は1週間程度と言われましたが、もう半月が過ぎました。退院までにはもう少しかかりそうです。

やはり読書って、ドラマを見るのとは違いますね。ドラマだったらボーッとしながら流してても平気ですが、読書は自分から自発的に活字を追わないといけません。最後に小説を読んだのはいつだろう。もう思い出すこともできません(^^;
ラジオがおススメです。
ちゃわさん
そうですか、お母様早く退院できるといいですね。お大事にしてくだい。
本当ですね、ドラマは○○しながらが可能ですが、読書はそうもいきませんよね。ご存じかもしれませんが、私はNHKのラジオ番組、朗読の時間、日曜名作座などとっても好きで聴いています。自分で読むよりストーリーが頭に入ったり、紹介された本がときには「私の10冊」があるならベスト5に入るものもありますよ。
ラジオね!
yukachoさん
最近ほとんどラジオも聞いてませんが、ラジオの朗読って頭に入りやすいですね。それは同感です。テレビだと目からの情報が入ってすぐ出ていっちゃうのかな?意外と朗読の方があとに残ります。

母の退院は来週か再来週になると思います。血中酸素飽和度もかなり良くなって安定してきました。
ラジオがに直されているようです。
ちゃわさん

お母様の体調も安定してこられ良かったですね。退院まで今しばらくですが暑いから病院の方が安心だったりするのかしら。

震災の影響もあるかと思いますが、ラジオファンが増えてきているようです。
私も車での外出や通勤時、ラジオを聞く機会が多くなりました。
ラジオファン
yukachoさん
母は施設入居なので、退院しても施設へ戻るだけです。どちらも空調はありますが、仲間がいる施設の方がずっといいと思います。

ラジオなら停電でも平気ですからね。あと、アナログ終了でテレビ離れの人もいるかも知れません。
だいぶ横道にそれてしまいました。
ちゃわさん
そうですね、お母様もお友達のところへ戻れるのが嬉しいですよね。
地デジ化がラジオに追い風となっているのかもしれないですね。
私がだいぶ話をそらせてしまったようでスミマセン。
コ・ウンミさんの誕生日と最新のドラマの話をしていたのに、ずいぶん脱線させてしまいましたね。ところでコ・ウンミさん今は何をしているのかな?
いえいえ。
yukachoさん
未確認情報というか、多分そうだろうと思いますが、昨日の土曜日に誕生日パーティーがあったようです。

コ・ウンミさんのことはドラマばっかり気にしてましたが、昨年の秋夕に公開された映画『クイズ王』に出てたんですね!
その映画はヒロインのチャン・ヨンナムしかチェックしてませんでした(T_T)
映画も出ているのですね。
ちゃわさん
私もドラマのことしか頭になかったです。コ・ウンミさん映画出演もされているんですね。でもどちらかというと、映画よりテレビドラマ中心の活動でしょうか。歌も素敵なので、舞台やミュージカルにもチャレンジされると嬉しいなった勝手に思っています。

土曜日のコ・ウンミさんの誕生会、どんなだったんでしょうね。雰囲気だけでも知りたいですね。一緒にお祝いできるなんて、ファン冥利につきますね。
テレビドラマのイメージが・・・
yukachoさん
私も頭の中で「コ・ウンミ=テレビドラマ」というイメージが強いので、映画のことは迂闊でした。出演した映画『クイズ王』でヒロインを演じたのはチャン・ヨンナムです。なんとテレビドラマ『私は伝説だ』でも共演してる女優さんです。映画の簡単な紹介はチャン・ヨンナムの記事に書いてあります。

チャン・ヨンナム
http://chawa329.blog91.fc2.com/blog-entry-67.html

歌手コ・ウンミといえば、1995年にティラビというグループでラップ担当でしたね。

今ラブウンミを見たのですが、カフェからのお知らせがまたまた削除されてました。なんでだろう?
コ・ウンミさん情報どうなのかな?
ちゃわさん
私こんがらがってしまって、「クイズ王」のヒロインが、「私は伝説だ」の弁護士先生ですね。また間違えてしまったようです。
この前ちゃわさんに教えて頂き、コ・ウンミさんは歌手経験もあり、ラップ担当だったと。今の彼女からは想像できないのは私だけでしょうか。
「ラブウンミ」で流れているバラードの曲「사랑은 비와 같이 사랑은 언제나 그렇게 해」、『私は伝説だ』で披露してますが、少しハスキーな声で魅力的ですよね。歌詞がわかりませんが、切ない歌声に癒されます。夜ドライブ中に聴くといいんですよ。
「ラブウンミ」のカフェからのお知らせ、また削除ですか?今日はどうですかね。よくある現象なのでようか。
ちゃわさんだけが頼りです。
バラード曲
yukachoさん
『私は伝説だ』で彼女が歌った曲の歌詞は以下のサイトにあります。
http://jetlyrics.com/viewlyrics.php?id=517109
愛は雨のように 愛はいつもそうやって
사랑은 빗물처럼 사랑은 늘 그렇게

ティラビでラップ担当してたのは1995年で、高校生の頃のコ・ウンミです。そのことを告白したのは2010/03/27放送の「スターゴールデンベル」という番組です。

ラブウンミのお知らせコーナーは一体どうなってんでしょうね!「カフェからのお知らせ」って、出したり消したりするものじゃないと思うけど。なんだかよく分かりません(^^;
なんでも解決してくださいますね。
ちゃわさん
日本語歌詞ありがとうございます。タイトルも憂いを帯びていてとても印象的ですね。。コ・ウンミさんの甘く切ない歌い方が、しっとりして曲にとってもマッチしていると思いませんか。

すでに高校生でデビューしていたのですか、芸歴、キャリア長いですよね。昨年になって告白したというのは、タイミングだったのでしょうか。
「ラブウンミ」のお知らせコーナーについては、なにか動きがありましたら引き続きどうぞよろしくお願い致します。
ラブウンミ
yukachoさん
Daumのラブウンミ(カフェ)は、住民登録番号を入力してDaumに実名登録した人でないと写真やメッセージを見れません。今コ・ウンミ関係の情報といえばラブウンミが一番だと思うので、日本人にとってはなかなか情報が入ってこなくて辛いところですね。

検索エンジンでコ・ウンミ関係のニュースを探すときはGoogleよりNAVERやDaumの方が便利です。その代わり整形外科のニュースもよく引っ掛かりますけど(笑)
日本人には厳しい現実ですね。
ちゃわさん
やっぱりそうでしたか、残念ですね。今こそ韓国人に生まれたかった、ちょっとだけ思いました(笑)
でもちゃわさんからいろいろ情報を頂いて、少しづつコ・ウンミさんを知ることができるのでとっても嬉しいです。これからも日本から地味に応援します。きっといつか道が開けるかな、な~んて秘かな期待を。

お役立ち情報を教えてくださり有難うございます。NAVERは一度もアクセスしたことありませんでした。整形外科が同じ名前なのですね。(笑)

次の悪役以外に期待ですね!
yukachoさん
かなりコ・ウンミ症候群の症状が出てますね!(笑)
コ・ウンミさんは悪役以外に幅広い役をやってみたいと言ってるので、そしたら日本でも好感を持つ人が増えるでしょうね。

NAVERは韓国の有名な検索エンジンで、検索語に「고은미」と入力するとコウン美人整形外科も見つけてくるので、二重の手術やらバスト矯正なども引っ掛かります。たまに間違ってリンクをクリックして「><あちゃー!」とかやってます(笑)
ちなみに院長先生はイ・ウンソクという男性です。
日本人も好むタイプだと思っています
ちゃわさん
言われるとおり、すこしビョーキ入ってますかね。気をつけよう。
そうですね、新しい役に期待ですね。知名度もあがれば、少し日本に興味を持ってくれるかな?

>NAVERは韓国の有名な検索エンジンで、検索語に「고은미」と入力すると
アナログなもので、変な質問してもいいですか。
ハングル入力をしたことがないのですが、ソフトが必要ですか。

いえいえ。
yukachoさん
みんなそうして嵌っていくのです。もっと頑張って下さい(笑)

韓国語を直接キーボードから入力したければ、WindowsはIMEの設定で使用言語に韓国語を追加する必要があります。これにはWindowsのインストール用CDだけあればOKです。

そうしなくても翻訳サイトなど使えば、ある程度はいろいろなことができます。

WEBページの翻訳ならエキサイトがお勧めです。
http://www.excite.co.jp/world/korean/web/

テキスト翻訳はGoogleがお勧めです。
http://translate.google.co.jp/
アドバイス有難うございます
ちゃわさん
ご親切に有難うございます。
落ち着いて考えたら、エキサイト翻訳は使っていました。お盆も過ぎ、なんだか頭が夏バテかな。
いつか韓国語をキーボードで打てる日が来るのかな・・・
夏バテ大丈夫ですか?
yukachoさん
今日は私の住んでるところが37度でした。ホント暑いですね。

あまり無理してIMEに韓国語の設定を追加しなくていいと思います。本当に必要性があるなら別ですが、それまでは設定を追加しても使うことないと思います。私は以前追加してましたが、今は日本語だけです。

今日は久し振りに『第7曜日』を観ました^^
やっぱりこのドラマの中の感じは本当に素敵です。
No title
ちゃわさん
お気づかい有難うございます。この季節になんでと笑われそうですが、酷暑の中汗だくになりながら大掃除をしたのでその疲れでしょう。
アドバイス有難うございます。今後も機械翻訳にお世話になります。
私も「第7曜日」のコ・ウンミさんに会いたくて、また見ると思います。
お宝
yukachoさん
コ・ウンミファンにとって『第7曜日』はお宝的なドラマですね。もちろん連続ドラマでもいいのですが、たまには『第7曜日』みたいなのも作ってもらいたいです。1話完結でコ・ウンミさんをたっぷり見れるのは貴重です^^
またそのうち見ると思います。
同感です。
ちゃわさん
本当にそうですね。単発ドラマ、また出演してほしいですね。韓国では2時間ドラマというのはありますか。2倍の時間、楽しめるのでさらに贅沢!
2時間ドラマ
yukachoさん
韓国でも2時間ドラマとかあります。但し、日本と違ってコマーシャルは番組枠の最初と最後で集中的に放送して、番組の途中では一切入れません。だから2時間ドラマを放送するような場合は1時間ごとに区切って、第1部と第2部というように枠を2つに分けます。
合間のCFなくていいですね。
ちゃわさん
そうなんですか。日本だとちょこちょこコマーシャルがあり、なんか見た気がしない時があります。集中的に流す韓国方式はいいなと思いました。なんかルールが存在するのでしょうかね。
韓国の番組
yukachoさん
韓国の番組は枠の最初と最後しかCMを流さないので、1時間ドラマだと始まったら終わるまで目を離せません。いわゆるトイレタイムはありません。あと韓国の番組って、時間枠は単なる目安なので、早く始まったり遅く始まったりします。
録画なんて大変!
ちゃわさん
えっ!またまた驚きです。トイレタイムがないのは、集中できていいかもしれませんね。でも開始時間が不定なんて、日本ではクレーム事になりそう。予約録画なんて難しくないですか。
ハテ?
yukahoさん
確かに予約録画は大変かも知れませんね。今ハマってるドラマは月~金の19:20~20:00ですが、ほとんど毎日19:12~19:52に放送されています。
あと夜21:55からの月火ドラマや水木ドラマは、まず間違いなく遅れて始まります。
予約ってどうするんだろう?さて、困りましたね。
分刻みなんですね。
ちゃわさん
12分からなんて。多少の誤差はOKなんですね。慣れたら気になりませんね。
チェ・ジウさんの記事を読みました。私もガッテン!でした。ふとコ・ウンミさんを想いました。何色にも染まるという表現が正しいかわかりませんが、また言葉が悪いと、化けれる役者さんだと思います。だから演技が楽しみなのでしょう。役により顔も変わって見えるのは気のせいでしょうか!結局彼女を褒めてしまいました。
たまに13分もあります
yukachoさん
そうです。いつも12分からです。枠からはズレてますが、この12分というのはなぜか正確です。たまに13分もありますけど^^

チェ・ジウはどんなドラマに出ても全てチェ・ジウ役になってしまいます。今回のドラマを見ても「おぉ!チェ・ジウだ!」これ以外の感想が出てきません。こんな女優さんはチェ・ジウくらいです。ある意味すごいと思うけど。ちなみに鋭いコメントを残してたのはバリバリの韓流大好きオバチャンです。

2つのドラマで悪役が連続した女優さんは、ほとんどの人が違う役をしたいと言ってます^^
悪役はやりたくはないですよね。
ちゃわさん
悪役が立派にできるのも、演技者としては素晴らしいのでしょうが、続けば
いくらドラマとはいえ、気持ちがなえそうですよね。

前から伺いたかったのですが、コ・ウンミさんの韓国での人気はどれくらいなのでしょうか。ファンサイトの規模で女性が700とか見たような気がして。ちゃわさんも彼女は女性の人気が高いとおっしゃってましたよね。俳優さんとしては中堅どころ、日本でいうとどの女優さんのクラスになりますか。宝塚でいえば2番手でしょうか。たとえがおかしいですかね。
今が正念場かな
yukachoさん
悪役が立派にできて第一段階が無事終了。実はこの次が大変なのです。
いままでに沢山の女優さんが悪役に挑戦してきました。その悪役で売れたあと、次に悪役以外の作品でも好評かどうかが重要な分かれ道になります。悪役のあとパッとしない人は長いこと苦労が続きます。悪役の次も成功した人は順調に伸びていくでしょう。そういう面から考えると、コ・ウンミさんは今が正念場で、次の出演作を選ぶのも慎重になると思います。先日のKBSドラマスペシャルはいい感じだったので、なんとかそういう感じのドラマで波に乗って欲しいと思います。

韓国での人気・・・どうなんでしょう。私はよく知りませんよ。
次回作に期待!
ちゃわさん
なるほどですね。よくわかりました。コ・ウンミさんのとって今が、next stageへの入口、女優として大切なときなのですね。「第7曜日」は韓国では好結果だったんでしょうか。少しの間会えなくても、良き作品に出会って、私たちの前に現れてくれる日を楽しみにしていたいですね。コ・ウンミさん、ファイティン!
次はいつかな・・・
yukachoさん
毎日NAVERでコ・ウンミ情報がないか調べてますが、今のところ特に何も出てきてません。今後の活躍をのんびり待つことにしましょう。
個人的には大女優になるより、もっと大衆的な庶民派女優でいて欲しいような気もします。
私もそう思います。
ちゃわさん
お気持ちよくわかります。本国で大女優に、日本人にも知るところの韓国女優になって欲しい反面、いつまでも親しみのある存在でいて頂きたいですよね。そうなると本格派女優というより、バラエティにも出演される今の路線のままがいいのかな。
笑顔
yukachoさん
コ・ウンミさんの魅力は素敵な笑顔だと思います。どんなに笑顔が素敵でも手の届かない高嶺の花だったら魅力ありません。そうした距離感を大切にし、いつまでも身近に感じられる女優さんでいて欲しいです。それならどんな大スターになってもOKです^^
深いですね。
ちゃわさん
今回のコメントにも心惹かれました。
コ・ウンミさんのステキな笑顔は、心根からくるものでしょうね。大スターになっても、いつも心は近くに感じる、そんな彼女であってくれると信じています。
今月の終わりが楽しみです
yukachoさん
別の記事のコメ欄でも似たようなこと書きましたが、コ・ウンミさんはどんなに売れても、広く大衆から愛される女優でいてくれると思います。少し悪役のイメージが付いてしまいましたが、今度は朝のドラマで明るい感じですから、本人にとっても方向転換の大きなチャンスだと思いす。朝のドラマで明るい役、これを知ったときは本当に嬉しくなりました!
ほんとうそうですね。
ちゃわさん
コ・ウンミさんは悪役が多い中、多くのファンの心をつかんだ方なので、私たちも新しい彼女に注目ですが、作り手の方も同じような思いではないでしょうかね。きっとやってくれるだろうという期待を持たれていると思います。
待ち遠しいですね
yukachoさん
来週あたりからドラマの撮影風景などいろいろな写真が出てくると思います。このブログでも先日カテゴリー「コ・ウンミ」を追加しました。朝のドラマなのできっと爽やかな笑顔を見れると思います。なんだか考えただけで楽しくなってきました。
新しい情報が待たれますね。
ちゃわさん

わあ~ほんとですね、カテゴリーに「コ・ウンミ」が追加されていますね。
どんどん記事が増えると嬉し&楽し!
カテゴリー
yukachoさん
そろそろ「危険な女」のカテゴリーが必要になりそうですね^^
もう少ししたらカテゴリー「危険な女」を追加します。
そろそろこの辺で・・・
ちゃわさん

新ドラマが始まることですし、この「第7曜日」は、終わりにしたほうがいいのですかね。
長い間、たくさんお話できて楽しかったです。
「第7曜日」とても大切な、記憶に残る作品になりそうです。
日本での放送が実現したら、ストーリーの詳細もわかり、より好きになりますね。
どちらでもお好きなように^^
yukachoさん
コメントが付けばレスしますが、そろそろ終わりですかね。
『第7曜日』は完全にコ・ウンミ主演で、ファンにとっては素晴らしい作品となりました。日本ではKBS Worldで放送されるでしょうが、私は観れないので諦めてます(笑)
プロフィール

ちゃわ

Author:ちゃわ
幅広く沢山の韓国女優の記事を出していきます。

最新記事
最新コメント
ランキングに参加しています
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました



カテゴリ
姉妹サイト
テヒファンのひとりごと
テヒファンのひとりごと

ちゃわが運営するキム・テヒ専門のサイトです。キム・テヒに関する話題はこちらにアップしています。

テヒファンのひとりごと
http://chawa.jp/kth/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。