スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『あなたが眠っている間』パク・ジュングム
SBS日々ドラマ(月~金)19:20
あなたが眠っている間

パク・ジュングム
パク・ジュングム

パク・ジュングム
1962年7月29日生まれ

このところSBS日々ドラマ『あなたが眠っている間』にハマってるせいか、ついついこのドラマからのネタが多くなっちゃいます。

ドラマの中ではコ・ヒョンソン(オ・ユナ)の義理の母、怖~い姑役のチャン女史を演じています。これまでの演技を知ってる方なら、パク・ジュングムの姑役と聞いただけでどんな雰囲気か想像できると思います。第13話でコ・ヒョンソンの顔に水をぶっかけたのもパク・ジュングムです。

日本ではヒョンビンやハ・ジウォンのファンが多いので、昨年から今年にかけてSBSで放送された週末ドラマ『シークレットガーデン』をチェックされた方もいらっしゃると思います。その中に登場したヒョンビンオンマと言えば通じるでしょうか。ヒョンビン演ずるキム・ジュウォンの母親役、ムン・プノンを演じてたのがパク・ジュングムです。

パク・ジュングムがデビューしたのは1982年KBSの週末ドラマ『純愛』でした。最初このドラマは別の女優さんがヒロインに選ばれてましたが個人的な都合で降板しました。その当時パク・ジュングムは慶熙(キョンヒ)大学校舞踏科に通う大学生でしたが、番組を担当してたPDが急遽パク・ジュングムに連絡し、カメラテストを受けることになりました。そしてカメラテストの翌日から撮影に入り、一人の大学生に過ぎなかったパク・ジュングムがいきなりドラマのヒロインになりました。

『純愛』にキャスティングされたとき最初は批判も多かったようですが、それがパク・ジュングムにとっては逆に原動力となり、ドラマが終わる頃には多くの人から認められるようになりました。もしPDと個人的な知り合いでなかったら今のパク・ジュングムはいなかったことでしょう。

『あなたが眠っている間』
チャン女史(パク・ジュングム)
パク・ジュングム

パク・ジュングムは1994年に結婚してドラマから離れていましたが、2005年に離婚し、翌2006年にSBSの特別企画ドラマ『愛と野望』で女優に復帰しました。

ドラマの中では毒のある姑役というイメージが強いパク・ジュングムですが、実際にはとても愛情深い素敵な女優さんです。今年韓国のオンラインコミュニティでパク・ジュングムの素顔が公開されて話題になりました。
写真はこちら→

デビュー当時の写真
パク・ジュングム

もう随分前の写真なので本人もいつ撮ったのかはっきり覚えてないそうですが、デビュー作の『純愛』が終わった頃ではないかとのことです。

パク・ジュングム本人は、もし女優になってなければ舞踊科教授になっていたのではないかと言ってますが、今では多くの作品に登場し、なくてはならない女優さんです。これからもいろんなドラマで毒のある演技を見せてもらいたいものです。


姉妹サイトも宜しくお願いします
キム・テヒQVGA画像
こちらの姉妹サイトでは、韓国女優キム・テヒの画像を毎日QVGA形式(横240ドット×縦320ドット)でお送りしています。携帯電話で毎日キム・テヒの画像を見たい方はどうぞ!チェ・ジウのコーナーもあるよ!

ランキングに参加しています
にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへ
にほんブログ村


テーマ : 韓国女優
ジャンル : アイドル・芸能

Secret
(非公開コメント受付中)

母役
韓国ドラマや映画では父母役の俳優さんは必須ですよね。パク・ジュングムさんは初めて見ました。毒のある役が多いとの事ですが、普段は可愛らしい雰囲気ですね(*^^*)これからも韓国ドラマを支える俳優として頑張ってほしいですp(^-^)q
毒のある演技はピカイチ
パク・ジュングムが出たのはKNTVで『シークレットガーデン』が既に放送されてますし、6/28からまた再放送されます。今回の日々ドラマは回数が多いから日本ではどうでしょうね。あ、第17話が始まりました^^
プロフィール

ちゃわ

Author:ちゃわ
幅広く沢山の韓国女優の記事を出していきます。

最新記事
最新コメント
ランキングに参加しています
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそいらっしゃいました



カテゴリ
姉妹サイト
テヒファンのひとりごと
テヒファンのひとりごと

ちゃわが運営するキム・テヒ専門のサイトです。キム・テヒに関する話題はこちらにアップしています。

テヒファンのひとりごと
http://chawa.jp/kth/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。